新しい働き方

クラウドで仕事を探したい方への注意点

一気に大きい仕事をすると、失敗リスクは増えます。まずは小さな金額、タスクベースの案件を採算度外視で少しづつ慣れましょう。

次に少しづつ案件の規模を大きくしていきます。次に気をつけないといけないのは契約条件です。

最終的にどう使われるかで作品のつくり方は変わります。

ライティング、WEBサイト構築、デザイン、DTPなど全て確認するポイントが異なります。

案件金額が小さいところからポイントを確認しながら、進めていきましょう。

他の人の仕事やブログ、本などで必要最低限の確認ポイントをまとめておくのは仕事上のトラブルを未然に防いでくれます。

クラウドワークス、ランサーズで探したい方

クラウドワークスはクラウドソーシング型の仕事とクラウドテックというフルタイム以外、テレワークのお仕事の紹介があります。案件的にはシステムエンジニア崩れには合うかな。

システム関連の仕事はWeb関連、デザイナーやライターの仕事も多数あります。

いずれにしても小さな案件から少しづつ実績数を増やし、信用を増やしながら案件金額を増やしていくのが常套かなと。

小さな案件をこなすと今まで表示されなかった案件が表示されるようにもなります。実績を増やせば、相手から依頼が来ることもあります。この辺りは得意分野を確立することが重要かな。

仕事をとりつつ、得意分野を外部に伝わるようにアピールしていくことが重要です。

ランサーズもクラウドワークスと同様ですが、こちらクラウドテックのような仕事はなく、クラウドソーシング型の案件しかございません。クラウドワークスと比べると、若干案件数が多いように思われます。

仕事の種類も違いますし、両方試しながら案件に応募するのがよろしいかと思われます。

ライターを目指す未経験の方

文章書くのが苦手な人もまずはライターを練習しておいたほうがいい。SEOやホームページ構築時に役に立つ。

文章力に自信がない人はnanapiワークスがお勧めです。

自分の得意分野で勝負ができる。

次にお勧めなのが文章のチェックをしてくれるスタッフがいるということです。ここで書き方のコツを身につけ、ライターの世界に飛び込んでいくのが一番かな。この年になってまで、無償で校正してくれるサービスはないです。

うまく使いこなしましょう。

旅行ガイドで稼ぐ?

日本への観光が増えています。今はバブルとも言える。1日のツアー代が200$以上もするので、英語や中国語、韓国語ができる方には稼ぎ時ですよ。

まず日本で海外からいま一番アクセス数があるのがJapan Guideです。

そのJapan Guideから日本のツアーガイドへのリンクもついています。

中国の旅行者もパッケージツアーから個人の旅行に変わりつつあります。少なくても日本のオリンピックまではこのバブルは続くのではないでしょうか?今が狙い目です。

トリプルライツ

東京CITYツアー

 

写真で日本を紹介したい人には下記のようなサイトもあります。

http://www.japanphotoguide.com/

 

Uberでお車で稼ぐ?

Uberでお金は稼げるのか?現状法規制の関係もあり、これは難しいとしか思えない。

アメリカで成功している事例としてはUber社内でアクセサリを販売したり、社内で販売できる物品、ある程度高額なものなどで目的地に行くまでに見ておいてもらう。その間に興味がある人は運転手に声をかけてくる。興味がない乗客はただ乗るだけ、そういう一工夫している人ぐらいしか儲けていない。

また東京都内から郊外にいく乗り継ぎだけだと、、、コストと利益でなかなか難しい。車の維持費がかかりすぎて利益でないんじゃない?日本のタクシーはアメリカほどサービス悪くないと思う。競合して勝てるとは思えない。

車を他の用途で持っている人ぐらいだと思うけど、当事者でそんな人はいないと思う。

Airbnbによる民泊

自宅に住んでいて、部屋が余っている方にはAirbnbが向いているかもしれません。

一番メリットはお客様が向こうから来てくれるところでしょうか?

デメリットは体調が悪い日でもお客様がきてしまう。誰がくるかわからないという不安を感じる方も多いですが、その辺りはAirbnb上の審査と他のairbnbを利用したときの評価で相手の人となりがわかります。

また、外国が話せない場合でもAirbnbで高い評価を受けている他の人に任せる人も出てきています

他にも掃除などの様々なサービスが立ち上がりつつあり、必要なのは家という資産になります。

 

Advertisements
カテゴリー: 仕事

コメントを残す