仕事で就労時の支援について

発達障害をオープンにして就労する支援について、下記の方法をまとめました。ご意見頂けるとうれしいです。

1.ジョブシャドウウィング

実際に仕事をせず、周りの人の仕事を観察します。また、観察してもわからない部分は支援者や現場の方に意味を説明していただきます。これにより、マルチタスクが苦手な当事者は仕事の流れを理解したうえで、仕事に望めるようになります。

2.仕事場の意味づけ解除

仕事場で発生したトラブル、失敗事例を支援者に相談します。相談してくる過程で見えてくるものや支援者が違う見方を教えてくれることもあります。認知の歪みで、間違った捉え方を修正します。

3.日常のタスク整理

電話など苦手なことはシュミレーションを繰り返しましょう。

電話を例に取れば、シングルタスクになるようにしましょう。

まず、折り返し電話するパターンを身につけましょう。まずは必要最低限のラインをクリアします。

次に復唱しながら、会話することでメモをとります。

4.その他

とにかく日常生活と就労で生活がままならない当事者が多いです。日常生活を支援していただくことで、日常生活や就労が回る人も多いです。

 

Advertisements
カテゴリー: 仕事, 就労支援

コメントを残す