自宅でできる【オンラインWRAP】をはじめます

お試しプログラム参加者募集!自動代替テキストはありません。

■■■自宅でできる【オンラインWRAP】をはじめます■■■■
【オンラインWRAP 】はZoomというSkypeに似たオンラインソフトを利用したワークショップです。カメラ付きのPCからダウンロードなし、URLをワンクリックでご参加いただけます。
——————————————————————————————
オンライン WRAP  開催要項

●日時:7月22日午前10時〜12時
●会議室アドレスは URL:https://www.facebook.com/mentalsurvivorchannel をご覧ください
●ファシリテーターは 発達障害当事者の けん
アシスタントはジャーナリストつっきーです
●プログラム(この回はお試しプログラムで1回完結です)
・5つの大切なことの中から「希望」
・「元気の道具箱」
●料金 無料
WRAPの道具箱
● 定員 なし
● 当日直接参加してください
● 問い合わせ先:survivor@lamappa.jp
——————————————————————————————

*WRAPファシリテーター けんからプログラムへのお誘い*

私は現在、都内で定期的に ファシリテーターとしてW RAPワークショッップを開催しています。WRAPワークショップのムードはファシリテーターによってそれぞれ違いますが、私はコーチングをベースにした穏やかでゆったりした場を大切にファシリテーターを務めてしています。

そしてこのリアルの場での経験をもとに、W RAPプログラムをオンライン上で再現したいと思っています。外出がちょっと困難と感じている皆さんともWRAPの魅力を分かち合えたらと考えるようになり、今回このオンラインWRAP始めることにしたのです。

○私にとってのWRAP
メンタルヘルスリカバリー(WRAP(Wellness and Recovery Action Plan;元気回復行動プラン、元気の道具箱、5つの大切なこと、リカバリートピック)とは、メアリーコープランドさんらアメリカの当事者がリカバリー理念の元、健康管理に関して自らが出来る毎日の工夫をプランとしてまとめたものです。

発達障害当事者としてさまざまな困難に向かっていた私が この W RAPと出会ったのは2年前のことです。WRAPのワークショップを体験してみて私は初めて「希望」について考えることができるようになったのです。
それ以前の私はどうしても私は希望を見つけることができず「希望なんかいらない」とさえ感じていたのです。しかしリカバリートピックのワークを行うことで希望の感覚がふと自分の中に入ってきた感覚を今も鮮明に覚えています。

○柳のように穏やかに

プログラムの中にある「元気に大切な5つのこと」は特に私にかけているものを教えてくれました。自分だけでは気がつけないものばかりでした。

大切な5つのことと出会ったことで今の私がここにいる気がするのです。
このように私はWRAPのおかげで日常生活の波を穏やかにすることが出来るよいになり、さらに柳の木のように緩やかに受け止めることができるようにもなりました。

私はこれらの体験を少しでも多くの人に感じて頂きたくファシリテーターとして活動をしています。

今回、ワークショッップをオンライン化することでもっと多くの皆さんと WRAPの魅力を分かち合いたいと願っています。

新しいチェンジですので皆様のお話を聞きながら、意見交換を深めていきたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしております。

——————————————————————————————
もう少し知りたい方へのインフォメーション
■WRAPや5つの大切なこと、元気の道具箱がまとめられています。
http://wrap-jp.net/five.html

■全国で開催されているWRAPクラススケジュール
最寄りにあるところにもご参加ください。
http://wrapprojez.exblog.jp/

Advertisements
カテゴリー: 連絡

ITによる工夫

・校正ツール(just Right pro)

文章校正支援ツール『Just Right!5 Pro』を使ってみた を参考に会社で使っています。これにより私は文章のケアレスミスは削減できました。推敲することに私は集中できました。

・開発マイルストーン
http://zudajijp.zouri.jp/km/

スケジュール管理です。SEで長期のプロジェクトが多く、かつプロジェクトのパターンが似ているため、そこそこスケジュール予定を立てるのに参考になります。

・クリップキャプチャー
http://mt-soft.sakura.ne.jp/web_dl/petit_tool/clickcapture/

OJTで人からウィンドウ操作を教えてもらう時、 一回で覚え切れない場合があります。
手順を何度も聞くのは気が引けるし、筆記するのは時間が掛かる上に後から判りづらい。
このような時に、操作しながら、手順が自動で記録されると助かります。
本ツールは、ウィンドウ操作に影響を与えずにクリック位置の説明と画像を自動で記録していきます。後で見直しが出来ます。
できたものはonenoteやevernoteに添付します。私は会社でonenoteを導入しているので活用できます。

・Selenium、iMacros

Webの自動化ツールです。WEB関連の業務作業をこれで自動化します。

・android通話記録
通話記録ツール(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appstar.callrecorder&hl=ja)を用い、後で何度も再生できるようにしています。

電話の後、すぐメモをしても、後で不安になり、私の頭は正常なのか?何か勘違いしていないかと思ってしまうのです。その点1次情報の音声があると、安心できます。

・Windowsの削除、編集したファイルの復旧

間違ってファイルを削除してしまった場合や編集した後で戻す必要がある場合、Windowsのデフォルトの機能を使ってファイルをリストアしています。
https://navi.dropbox.jp/windows10-restore

生活面

Androidのソフトも用い、生活面での作業の軽減も図れます。
https://docs.google.com/presentation/d/1WyT5sHug200dIG6ZK1rYCoBBjjHcbDqk9DiuQ6Re8cw/edit?usp=sharing

 

 

カテゴリー: android, 仕事, 工夫

新宿で信頼できるカウンセラーなど

新宿のクレインハウスで精神保健福祉部門というサービスがあり、東京都で障害者手帳がある方は対象となります。

一応助成金の対象なので、枠があります。電話にて問い合わせしてください。

発達障害で2次障害(うつ、トラウマ、自己肯定感、ネガティブシンキングなど)で苦しんでいる方はに向いているかなと思います。他のところだと1時間5000円以上が多いので、とてもお金が続きません。苦しみの軽減よりもお金がなくなるほうが早い感じです。

新宿までいけない方は下記のようなサービスもございますので、ご検討ください。

下記のサービスは臨床心理士の方になります。発達障害についても詳しいです。

発達障がいに関するご相談

私も信頼している当事者です。当事者目線でわかることもありますよ。

「何故か人から嫌われてしまう」というあなた、その原因を一緒に見つけましょう!

カテゴリー: 支援