ITによる工夫

・校正ツール(just Right pro)

文章校正支援ツール『Just Right!5 Pro』を使ってみた を参考に会社で使っています。これにより私は文章のケアレスミスは削減できました。推敲することに私は集中できました。

・開発マイルストーン
http://zudajijp.zouri.jp/km/

スケジュール管理です。SEで長期のプロジェクトが多く、かつプロジェクトのパターンが似ているため、そこそこスケジュール予定を立てるのに参考になります。

・クリップキャプチャー
http://mt-soft.sakura.ne.jp/web_dl/petit_tool/clickcapture/

OJTで人からウィンドウ操作を教えてもらう時、 一回で覚え切れない場合があります。
手順を何度も聞くのは気が引けるし、筆記するのは時間が掛かる上に後から判りづらい。
このような時に、操作しながら、手順が自動で記録されると助かります。
本ツールは、ウィンドウ操作に影響を与えずにクリック位置の説明と画像を自動で記録していきます。後で見直しが出来ます。
できたものはonenoteやevernoteに添付します。私は会社でonenoteを導入しているので活用できます。

・Selenium、iMacros

Webの自動化ツールです。WEB関連の業務作業をこれで自動化します。

・android通話記録
通話記録ツール(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appstar.callrecorder&hl=ja)を用い、後で何度も再生できるようにしています。

電話の後、すぐメモをしても、後で不安になり、私の頭は正常なのか?何か勘違いしていないかと思ってしまうのです。その点1次情報の音声があると、安心できます。

・Windowsの削除、編集したファイルの復旧

間違ってファイルを削除してしまった場合や編集した後で戻す必要がある場合、Windowsのデフォルトの機能を使ってファイルをリストアしています。
https://navi.dropbox.jp/windows10-restore

生活面

Androidのソフトも用い、生活面での作業の軽減も図れます。
https://docs.google.com/presentation/d/1WyT5sHug200dIG6ZK1rYCoBBjjHcbDqk9DiuQ6Re8cw/edit?usp=sharing

 

大人の発達障害へのICT支援

下記の大人の発達障害へのICT支援方法が多少となりとも下記のとおり出てきました。

http://at2ed.jp/download/job.pdf

ただ、もっと他のアプリが今後出てくるだろうし、他のデバイスも出てきて、今までできなかったことができるようになると思います。

Advertisements
カテゴリー: android, 工夫

コメントを残す