WRAPを学べるところ

Wrapとは、自分をアメリカの精神障害者からうまくいっている生活パターンから共通部分を抜き出し、どこに注意しながら生活していったらいいかを抽出したプログラムです。詳細は「WRAPの道具箱」をご覧ください。発達障害から2次障害で精神障害になることも多く、共通部分は多いと思います。少しでもWRAPで自己管理をして、症状の悪化を未然に防ぐ、もしくは悪化したときはリカバリーに勤める。今自分が置かれている状況を把握しやすい状況にすることは重要かなと思っています。東京では下記のところでWRAPの勉強会をしておりますので、最寄の会場にご参加ください。

笑顔シェアLAB

東京23区で、働く人向けに開催されています。不定期ですが、集中クラスも開催されます。まとめて勉強したい方には調度良いですよ。こちらにはトキオのスタッフも参加することがございます。

スローラップ

Wrapについてスローだけに少しづつ学べます。アットホームな雰囲気でお勧めです。

リカバリーカレッジたちかわ

WRAPクラスも開催されています。リカバリーカレッジではいろいろ開催されていますので、一度ご覧になるといいと思います。

スタッフもまだまだWRAP駆け出しですが、今のところWRAPで日常生活をうまくまわしています。WRAPで日常管理、うまくいかないときは当事者研究で問題の研究を実施して、WRAPにどう取り入れるか?もしくは今回は無視するかなどを日々試行錯誤しています。是非一度、WRAPの勉強会にご参加ください。

Advertisements
カテゴリー: 連絡

コメントを残す