調子が悪くなるときのサインの一例

調子が悪くなるときのサイン

私の場合、仕事がうまくいっていないときや友人関係で仲が悪くなったときに起こりやすいです。

頭ばっかり使っていると、いろんな不安にさいなまれ、光や音に敏感になり、夜寝ることができなくなります。それが1週間ぐらい続くことがあります。

そういうときはわざと運動します。1万歩歩いたり、東京体育館に通ったりしています。体が疲れて、頭で考えることができなくなり、よく眠れるようになります。

よく寝た結果、心配していたことが解決したり、たいしたことではなかったことに気がつくことがあります。

 

調子が悪くなったとき、自分をどう対応するかを見つけましょう。

 

 

 

Advertisements
カテゴリー: WRAP タグ: ,

コメントを残す