休職中の過ごし方

休職中過ごし方です。休職中にTOSCAなどの発達障害支援センターにまずは相談に行ってから、下記をお読みください。下記の方法は発達障害支援センターから支援を受けられないと言われた方向けです。

1.仕事に復帰することを前提の方

 東京都立川のリワーク支援(ハローワークかJOBコーチと相談して申し込みます)東京都立中部総合精神保健福祉センターFor Re-Work 復職を希望される方のためのパンフレットなどがあります。

どちらもウォーミングアップ、毎日体調管理の管理に気をつける生活を送り、仕事の前にリズムをつくります。

    1.  立川の方が寄り実践に近いという人が多いです。

また、障害をクローズにした方でもJOBコーチの活用はできますので、東京都の障害者就労支援センターを参考にして、ご近くの支援センターと相談し、復職時の支援を考えてください。地域によりますが、クローズでもメールなどで支援してくれるJOBコーチはいます。辞めることを前提にする方

 

2.私が知っているのは2つです。他にもあるかも知れないので、東京都の障害者就労支援センター社会福祉協議会、ハローワークと相談してみてください。

まず一つ目、傷病手当をいただきます。医師の診断書を元にハローワークに働けないことを伝えます。最長で1年半支給されるので、障害年金申請までのつなぎとして申請する人が多いです。 二つ目としては、精神障害手帳、もしくは申請準備の書類をハローワークに持っていき、障害者向けの失業保険を申請しましょう。手帳と解雇通知を一緒に出せば問題ありません。
問題となるケースは申請準備中の場合です。 ハローワークによっても意見が異なるところです。医師の診断書(日付を解雇前であること、書類はハローワークの書類と医師の意見が必要なケースが多い)を準備し、ご自身が発達障害であること、そして、今手帳の申請準備中なので、手帳が出次第、障害者の失業保険に変更して欲しいとお伝えください。今のところ、ハローワークの対応は半々です。失業保険と受取るためには、粘り強い交渉力と手帳に関する申請知識が必要となるケースが多いです。

Advertisements
カテゴリー: 支援

コメントを残す