ジョブシャドーウィング

ジョブシャドーウィングという手法で、就労を支援する手法があります。

マルチタスクが苦手な当事者に合います。

OJTという手法が日本では主流と思います。ただ、作業しながら、説明を聞くという行為はマルチタスクのためついていけない当事者もいます。

少なくても私はそうです。

実際にすることは当事者は作業をせず、周りの人が作業していることを観察し、周りの人の作業について解説していただきます。

当事者は実際の作業の観察に集中し、他の人が気をつける点などを学習します。

見た結果、実際に作業を行うことで、わからない部分を再度ジョブシャドーウィングを行い、観察します。

これを繰り返すことで、作業を吸収します。

 

シングルタスクにすることで見えてくるものもあります。

Advertisements
カテゴリー: 支援

コメントを残す