クライシスの一例

私のクライシスの例です。不安でいっぱいとなり、何事もやる気がなくなります。

クライシスのとき、私は一人の世界に閉じこもります。しかし普段の私も内向的です。これじゃ区別がつきません。なので、普段の私とクライシスの私が他人から見て、わかりやすくなるようにする。

1.いい感じのときの私について

内向的、希望に向かって活動している。

2.誰かに責任をまかせなければならないことを示すサイン

買い物依存で月20万支出するとき

3.責任をまかせたい人は誰か、まかせたくない人は誰か

親、医師には任せない。友人に任せたい

4.医療・保健・福祉関係者の連絡先と薬の情報

私を治せる人、薬はないので、何もない

5.受けてもよい治療と受けたくない治療

現在の精神医療すべてを受けたくない。

6.自宅・地域でのケア、一時療養プラン

コーチングかカウンセリング、当事者研究

7.入院してもよい病院と入院したくない病院

入院する必要を感じない

8.人がしてくれると役に立つこと 、人がすると余計に気分が悪くなること

ただ一緒にいること

9.クライシスプランに従わなくてもよくなったことを示すサイン

外に興味を持つようになったとき、netflixを1日見ないとき。食べ物に興味を持ったとき。

 

 

Advertisements
カテゴリー: WRAP

コメントを残す