自立支援医療(精神通院医療)を利用しましょう

自立支援医療(精神通院医療)東京の例を利用しましょう。

これは全国各地にある制度ですし、うつなどの症状でも活用できる制度なので、是非申請しましょう
条件はいろいろあるのですが、高給取り(「世帯」の区市町村民税(所得割)が年23万5千円以上)ではない限り申請できます。
まずはお近くの市町村役所、もしくは各区の保健所に行って、自立支援の書類をいただきましょう。
後は医師に書いていただくのと、自分で書くのとを書いて、再度市町村役所、もしくは各区の保健所に提出です。
後は2,3ヶ月待ちましょう。これによりたいてい3割負担から1割負担に変更となります。年収次第では0円となります。
もし自立支援医療の書類でさえかけない医師の場合、手帳の申請など決してできないので、他の医師を探しましょう
東京では自立支援更新申請時における診断書の提出が2 年に 1 度になります(平成22年4月から ) 自立支援医療受給者証と精神障害者保健福祉手帳の有効期間終了日をあわせることも可能です。ただし新規申請ではできません。詳細は下記のURLでご参照ください。
 参考資料:
Advertisements
カテゴリー: 福祉

コメントを残す