東京都障害者就職面接会での発達障害者 就職先の分析

契約社員として、就労するためには過去の募集傾向から検討することも重要です。

東京障害者就職面接会で応募しやすいところ
・外資(英語力があること前提であることが多い)
・5名以上、過去何度も募集している会社
・特例子会社
まずは下記の参考情報から、ご自身が行きたい会社を探してみましょう。東京障害者就職面接会の過去分資料リンクを張っておきます。毎回募集があるところはなかなか人をとりませんので、よほどやりたい仕事ではない限り見送ったほうがよいかもしれません。
見つけた会社が応募しやすいところなら、是非応募しましょう。そうでない場合でもJOBコーチと相談して決めましょう
東京障害者就職面接会では8社まわれればいいほうです(私は7社しかまわれませんでした。)ので、会社の回れる数を考えながら、会社を選びましょう!!!
私の知り合いの中で考えると、下記の条件にあてはまる人は契約社員で就職しやすいと思います。
・2次障害が安定されている方
・JOBコーチの支援が受けられている方(waisuもJOBコーチ、ウィングルとテスコ・プレミアム・サーチの支援を受けました)
・精神障害者手帳3級
また、下記の民間職業紹介会社で精神障害手帳の人を雇用している会社のほうが通りやすいとも思います。
Advertisements
カテゴリー: 就職

コメントを残す