東京のセーフティネット

東京都で利用できる施設などを調べてみました。
生活が困窮したときや親とトラブルを起こして、自立しないといけないときに活用できる施設や制度かなと思って紹介しています。

東京都無料低額宿泊所
社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。


NPO SSS
相談センターでは、各種生活相談(健康相談、債務相談 等)のほか、住居にお困りの方には無料緊急一時保護施設(シェルター)や施設の案内をしています。相談センターにはフリーダイヤルが設置してありますので、何かお困りのことがありましたら、お気軽にお電話ください。

NPO SSS 障がい者支援部
当法人の障がい者事業は、障害者自立支援法の共同生活援助(精神障がい者グループホーム)です。共同生活援助の定義として、「休日・夜間に共同生活を行う住居で、相談・日常生活上の援助を行う」ことが求められています。


東京サポートセンター
深刻な景気後退による経済不況、産業構造の大幅な転換、銀行の貸し渋り等による企業の倒産、そして大規模なリストラによる高齢者の失業、医療負担、厚生年金問題など中高齢者の取り巻く環境は一段と厳しくなっており、それらの要因による生活問題の対策が急務となっております。私たちは中高齢者に対し社会復帰・自立する為の研修・宿泊施設を提供し、高齢、持病等による体力的ハンディを共同作業で補いながら経験、技術、知識を活かす事が出来る労働市場を積極的に開拓し、就労出来るように協力し、活力のある高齢者の社会参加をテーマに、今後さらに高齢者社会が進む状況に少しでも寄与出来ればと考え、この法人を設立し、社会福祉活動を行っております。

東京都女性相談センター
東京都女性相談センターは、女性からのさまざまな相談に応じています。同時に、配偶者からの暴力(いわゆる「ドメスティック・バイオレンス=DV)で悩んでいる人のための配偶者暴力相談支援センターでもあります。緊急の保護や自立のために支援が必要な女性の相談を受けています。

TOKYOチャレンジネット相談実例 【生活相談・住居喪失】資金貸付|日払い派遣から正社員!生活自立支援相談サポート 
TOKYOチャレンジネット相談実例 家族から虐待を受け、精神的に限界を越え、体調を崩してしまうほどでした。成人式を以て実家を出ることになったはいいけど、アパートを借りるお金もなくて…

Advertisements
カテゴリー: 大人(成人)発達障害 ブログ, 東京

コメントを残す